【目的別】厳選デリケートゾーン石鹸ランキング

【目的別】臭いかゆみ黒ずみに!厳選デリケートゾーン石鹸ランキング!

あなたは、まわりの女性がどんなデリケートゾーンのお悩みを持っているか、知ってますか!?

 

 

意外にも、みんな悩んでいるらしい!?


 

 


画像の引用元はこちらです

 

1位 ニオイ 20%
2位 ムレ 17%
3位 かゆみ 15%
4位 毛の量や形 13%
5位 黒ずみ 10%

このような結果でした。

 

でもデリケートゾーンの悩みは、なかなか周りの人には聞きづらいもの。

 

「デリケートゾーンの悩みがあるなら産婦人科の先生に聞きましょう」なんてアドバイスがネット上にありましたが
「先生、あそこの臭いに悩んでいるのですが、どうしたらいいでしょうか?」なんて聞くの、メチャクチャ勇気がいりませんか??

 

仮にその先生が「大丈夫です。におってませんよ。」と言ってくれたとしても
「いやいや、本当?適当に言ってない?」と、なんとなく納得できないまま終わるパターンもあります。

 

これは当サイトの管理人が経験済みです。
質問した自分が恥ずかしかっただけでしたね…(´・ω・`)ショボンヌ

 

 

それはさておき!汗


 

もう一度、お悩みの上位5位を見てみます!

1位 ニオイ 20%
2位 ムレ 17%
3位 かゆみ 15%
4位 毛の量や形 13%
5位 黒ずみ 10%

上位にある「ニオイ」「ムレ」「かゆみ」、
これは、デリケートゾーン専用ソープを使うことでほとんど気にならないレベルまでおさめることができます。

 

 

「黒ずみ」については、基本的に美白クリームを使う必要がありますが、
デリケートゾーン専用ソープも併用するとお肌のコンディションが整うので、格段に元の色味に戻りやすくなるんです。
意外かもしれませんが、黒ずみケアに保湿ってものすごく大事なんですよ。

 

 

当サイトでは、【ニオイ・かゆみ】【黒ずみ】のお悩み別ランキングと、それを踏まえてランク付けした【総合ランキング】を独自に作成しました!

 

⇒デリケートゾーン専用ソープの〔総合ランキング〕はコチラへ
⇒デリケートゾーン専用ソープの〔目的別ランキング〕はコチラへ

 

いろいろな商品の中から厳選したので、レビューページも見ながら参考にしてもらえると嬉しいです(*^^*)

 

 

 

 

 

アラサー女子が選ぶ!デリケートゾーン専用ソープランキング!

 

まずは、黒ずみケアにピッタリのソープランキングからどうぞ☆


 

クリアネオパール

黒ずみを撃退するために大切な「保湿力」がとても高いので、クリアネオパールは黒ずみ部門の1位にしました!

 

もちろん保湿力だけではなく、美肌成分もたっぷり配合されているので、うるうるツヤツヤ肌になれちゃいます☆
黒ずみケアはどうしても時間がかかります。しっかり保湿してターンオーバーを整えるためには、クリアネオパールはいい仕事してくれますよ(*^^*)

 

【黒ずみへのアプローチは?】
・植物性の美肌成分6種類
・ビタミンC3種類
・美肌サポート成分(アスタキサンチン、アルブミン)

 

価格 ※定期便 容量
2,980円(税込) 300ml

 

ジャムウハーバルソープ

LCラブコスメのジャムウハーバルソープは、販売実績が14年もあるデリケートゾーンケアの定番商品!ハーブのチカラが優しく働きかける、ナチュラル派の石鹸です。
使い続けることで黒ずみへの効果を感じている人がいます☆
保湿感に関してはクリアネオパールが優秀だと感じるので、わたしのランキングでは2位にしました。

 

【黒ずみへのアプローチは?】
・ナチュラルなジャムウ成分(アロエベラエキス、甘草エキス)

 

価格:2,046円(税込)
容量:68g

シークレットレディ ジャムウソープ

これ1つでトータル的なデリケートゾーンケアを目指せるのが、シークレットレディのジャムウソープ。
黒ずみ以外にも、「ニオイ」「引き締め(美肌)」「アンダーヘアケア(ふわふわ感アップ)」「フェロモン(香り)」などにアプローチできます。
黒ずみケア成分配合ですが、はじめだけちょっと刺激を感じた気がしたので、わたしのランキングでは3位にしました。

 

【黒ずみへのアプローチは?】
・5つの美肌成分(プラセンタ・カミツレ・オタネ人参・マグワエキス・クララエキス)

 

価格:1,955円(税込)
容量:100g

 

 

 

 

次に、ニオイ・かゆみが気になるあなたにピッタリのソープランキングです☆

 

コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸は、まさにニオイケア専用のソープです!
ニオイやすいデリケートゾーンを洗浄するための石鹸だと感じたので、このランキングでは1位にしました。

 

なぜなら、コラージュフルフルはデリケートゾーンを【殺菌】できちゃうから。口コミを少し読むだけでも、ニオイに効果を感じている人はかなり多いことがわかります。カンジダになりやすい人も重宝しているみたいですね。

 

ただし、保湿力・お肌を整える・黒ずみをもとに戻すなどの「美肌ケア」については期待できないので、注意が必要です。

 

【ニオイ・かゆみへのアプローチは?】
・抗真菌成分、抗カビ成分(ミコナゾール硝酸塩)
・殺菌成分

 

価格 容量
1,944円(税込み) 150ml

 

クリアネオパール

保湿することで、ニオイやかゆみのもとを取り除くことができるんだなぁと感じました!
保湿してお肌を整えてくれる成分のおかげで、肌コンディションが良くなったのか、まず「かゆみ」が気にならなくなりました。
さらに、時間が経ってもニオイがあまりきつくなってないように思います。
ただ、1位のコラージュフルフルのような殺菌作用はないので、「ニオイ菌の洗浄力」は劣るかなと思い2位にしました。

 

【ニオイ・かゆみへのアプローチは?】
・植物性保湿成分9種類
・他保湿成分(ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ、セラミド5種類)

 

価格:2,980円(税込み)
容量:300ml

 

ピーチジョン デリケートウォッシュオイル

ピーチジョンのデリケートウォッシュオイルは、爽やかさのあるローズの香りでとにかく気分があがります☆
デリケートゾーン専用の「クレンジングオイル」みたいな感じです。泡立てずに使います。
消臭効果は国産の植物性エキスに由来します。だから質がよくてお肌にも優しいです。
保湿力は、そもそもオイルなので問題なしですね!
ただし泡タイプではない分、洗い上がりをイマイチと感じる人もいると思い3位にしました。

 

【ニオイ・かゆみへのアプローチは?】
・天然由来の成分(フルーツやハーブの植物エキス)

 

価格:3,402円(税込)
容量:100ml

 

 

 

目的別ランキングを元にした、おすすめ総合ランキング!

 

ここからは、「におい・かゆみ部門」と「黒ずみ部門」のランキングを元にした
【デリケートゾーン専用ソープ総合ランキング】です!

 

”詳細ページ”では、コスパ・使い心地・メリットとデメリット・使ってみた感想・ユーザーの口コミなど、いろんな角度からシェアできるようにまとめました。
気になる商品は、詳細ページもチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

1位のクリアネオパールはこんなソープ
抜群の保湿力が最大のポイントだと感じました!

デリケートゾーンケアは肌コンディションを整えることが基本なんだな〜と感じさせてくれたソープです。
「アウトバスケアがいらない」という謳い文句の通り、本当にしっとり感を実感できます☆
使用後はまるでボディクリームを薄く塗った後みたいな感じです。 正直、部分使いじゃなく全身に毎日たっぷり使いたい!って思ってます(*^^*)笑
価格 2,980円(税込)
評価 評価5
容量 300ml ※約2〜3か月(1プッシュ/回)
クリアネオパールのポイント
〔1〕高保湿力でお肌を整えて、臭いや黒ずみなどトラブルの原因を抑える
〔2〕定期購入は1回で解約オッケー
〔3〕30日間の返金保証がついてるので、お肌に合わなくても安心
〔4〕肘や膝などカサカサが気になるところにも◎

定評があるジャムウハーバルソープは2位!
14年もの販売実績がある、高評価なデリケートゾーンケアソープ!
インドネシアに伝わるハーブの知恵「ジャムウ」のチカラに注目した石けんの中でも、LCラブコスメの「ジャムウハーバルソープ」は評価が高いですね!
さっぱりめの洗い上がりが良いです。固形石鹸の扱いに慣れている方はぜひ(^^)
価格 2,046円(税込)
評価 評価4.5
容量 68g ※部分使いで約2〜3か月
ジャムウハーバルソープのポイント
〔1〕ジャムウ系ソープの定番商品。14年の歴史あるデリケートゾーン専用ソープ!
〔2〕できるだけシンプルな材料で、余計なものを混ぜないナチュラルソープ
〔3〕圧倒的に口コミ数が多い

3位はピーチジョンデリケートウォッシュオイル!
メチャクチャ良い香りのオイルで洗う、女子力高めのデリケートウォッシュ。
香りでテンションが上げるのは大事です(*^^*)
デリケートゾーンのちょっとしつこい汚れもオイルで浮かせて洗うので、しっとり清潔になれちゃいます!
価格 3,402円(税込)
評価 評価4
容量 100ml ※約2ヶ月分(2〜3プッシュ/回)
ピーチジョンデリケートウォッシュオイルのポイント
〔1〕爽やかめのローズの香りで、バスタイムの女磨きがはかどる!
〔2〕厳選した国産オーガニック成分を使っている安心感
〔3〕泡立てなくていいのでラクチン

 

 

 

 

どうしてデリケートゾーン専用ソープを使う必要があるの?

 

まず結論ですが、ニオイ・黒ずみ・かゆみなどのデリケートゾーントラブルを解消するためには、
・できるだけ清潔にすること=洗う
・お肌の調子をととのえること=保湿
この2つが基本です。

 

 

ではデリケートゾーントラブルの原因について、もう少し詳しくみていきましょう!

 

 

「かゆみ」を放っておくと「黒ずみ」につながる可能性がある!?

 

ここで問題です。
デリケートゾーンにかゆみを感じた時、あなたならどうしますか?

 

↓ ↓ ↓

・トイレなど誰もいないところで掻く
・その場で見えないように掻く
・足やイスで圧迫してかゆみを紛らわせる

こんな風に対処していませんか?

 

 

もしあなたが今「当てはまってる!」というなら要注意!それ、黒ずみの原因になっています。

 

 

黒ずみは、お肌を刺激すればするほど増えていきます。

 

デリケートゾーンによくある「刺激」といえば、掻いたり圧迫したり摩擦したりすること。
こういった刺激をうけるお肌の防衛反応が働いて、黒ずみができる(メラニン色素が発生してしまう)んです。

 

そのきっかけのひとつが「かゆみ」なんですね。

 

かゆみというのは、「痛み」よりも我慢できない感覚だと言われています。
我慢したりほうっておくことができない感覚なので、自然に掻いてしまうものなのです。しかも、ほとんど無意識だったりするのが怖いトコロ!

 

そして、かゆみはまた繰り返しやってきます。
この無限ループを繰り返すことが、実はデリケートゾーンの見た目をどんどん損なってしまう行動だったんです。

 

だから、かゆみを放っておくことは美容のためにもイケマセン!

 

 

繰り返しになりますが、かゆみの改善には、
・できるだけ清潔にすること=洗う
・お肌の調子をととのえること=保湿
この2つがとっても大事。あなどるなかれ、ですよ!

 

 

また、デリケートゾーンに限った話ではないですが、お肌を清潔にして保湿してあげると、ターンオーバーが正常になります。

 

これが、黒ずみ解消への第一歩です。

 

ターンオーバーが正常になると格段に元のお肌の色に戻りやすくなるんです。黒ずみと決別することができますよ。
かゆみも抑えられるのでまさに一石二鳥です。

 

相性の良い黒ずみ美白クリームも併用すればカンペキですね(*^^*)

 

 

「かゆみ」と「臭い」の深〜いつながり!?

 

 

さらに、かゆみの原因が「臭いの原因」そのものになっていることも忘れてはいけません。

 

そもそも、臭いのもとになっているのは、

・皮脂
・汗
・古い角質
・汚れ(尿、経血、おりもの)

などです。
これをエサに雑菌が繁殖することで、臭いが発生します。

 

さらに、湿度がある場所は雑菌が増えやすい、という特徴があります。

 

脇や足も同じ理由でにおいが出やすいのですが、デリケートゾーンはその上を行くといって良いでしょう。
常に下着に覆われていて、雑菌のエサが豊富だからです。雑菌にとって、デリケートゾーンは好条件すぎる部分なんですね。

 

そんなデリケートゾーンが乾燥していると、当然皮脂の分泌量が増えてしまいます。
また、肌のバリア機能が弱まったり、古い角質も留まるようになります。
するとどうなるかというと…

 

@余分な皮脂や角質=エサが豊富になる
 ↓
A雑菌が繁殖!うじゃうじゃ〜
 ↓
(時間の経過)
 ↓
B「(;゚∀゚)=3 くさぁ〜」

 

こうなります。

 

 

 

保湿第一!?デリケートゾーンはここまで「デリケート」だった!

 

デリケートゾーンの皮膚(表皮)がどれくらい薄いか、あなたは知っていますか?

約0,02ミリ

 

はい。
ちなみにお顔の中でも特に皮膚が薄いと言われているまぶたは、約0.06ミリです。

 

デリケートゾーンはまぶたをはるかに下回る、ごく薄な表皮に守られているんです。

 

これだけ皮膚が薄いということは、ちょっとした刺激をうけるだけで、水分を保持するチカラやバリア機能は低くなります。
つまり、デリケートゾーンはトラブルが非常に起こりやすい敏感な部分ということですね。

 

まぶたには、まぶた専用のクリームや保湿液などがどこでも販売されています。
目元は、顔の印象を左右する超重要なパーツなので、特別に部分ケアをしている方も多いでしょう。
よく目につくパーツなので気になるのは当然ですよね。

 

 

一方、デリケートゾーンはどうでしょう?
そもそも「ケアしなきゃ」という意識が低い部分なので、肌トラブルがほったらかしになっているケースがほとんどだと思われます。

 

でも、ここ数年でデリケートゾーン専用のケア用品は増えに増えているので、今後は「デリケートゾーンのケア=女磨きの絶対条件」みたいな認識が強くなっていくでしょう。

 

例えばアンダーヘアケアでいうと、形をデザインする女性が増えていますし、アンダーヘアのお手入れ方法も多様化していますからね。

 

見えない部分をケアする時代になったってことですね(*^^*)

 

 

デリケートゾーンのケア製品を使っている女性は、まだまだ少数派!?

 

調べてみると、こんなデータを見つけました!

 


<画像の引用元はこちら>

 

「あなたはデリケートゾーンケア商品を使っていますか?」

 

1位 使用したことはないが興味がある 41.3%
2位 過去に使用していた 30.0%
3位 現在使用している 26.7%
4位 使用したことも興味もない 2.0%

 

デリケートゾーンのケア商品を使用している人は、4人に1人という結果です。
ケアしている人は意外にも少数派ですね。
※ですが2018年現在は、デリケートゾーン専用の商品が右肩上がりに増えていることから、もう少し増えていると考えられます。

 

つまり、みんなニオイやかゆみなどの不快感を感じているにも関わらず、特にケアしていないということになります。

 

逆にいうと、4人に1人の意識が高い女性は、すでにケアをはじめているということですね。

 

 

デリケートゾーンのケアは、未来の自分への投資?

デリケートゾーンの正しいケアをすることで、

・黒ずみの進行
・皮膚のたるみ・シワ
・におい
・かゆみ

などを将来的に防ぐことができます。

 

特に「皮膚のたるみ・シワ」は、将来的に深刻なトラブルになりがちです。

 

まぶたをこすると目元がたるんだり、乾燥すると小ジワが目立つようになるのと同じで、
デリケートゾーンも刺激や乾燥によって、たるみやシワが増えてしまいます。むしろ増えやすいです。

 

すると、デリケートゾーンの皮膚面積が増えて汚れが溜まりやすくなるので、ニオイが発生したりキツくなったりします。
もともと複雑な構造のデリケートゾーンが、さらに、ですよ(;^ω^)

 

「40代・50代になって臭いが気になりはじめた」という女性が実際に多くいらっしゃいますが、単純に汚れの蓄積が原因、というケースも多いとか。

 

でも正しいケアと習慣を身につければ、将来的なたるみやシワをある程度予防することができます!

 

 

もうひとつ、デリケートゾーンってよくよく考えてみると、
(現在、または未来の)恋人があなたに抱く印象に影響するパーツ、なんですよね

 

あなたが恋人の前で服を脱いだ時、アソコがきちんとケアされて魅力的だったら、あなたの恋人は内心とっても嬉しいはずなんです。
「あ、ちゃんとしてるな。」って思ってもらいたいじゃないですか。お世辞じゃなく本心で!

 

デリケートゾーンを含む下腹部は、女性にとっての「中心」です。
あなたが、内側から女性らしい魅力を解き放つために、見えない部分のケアはとっても効果的な「自分への投資」になります!

 

 

魅力的なデリケートゾーンを保つための4箇条!

 

デリケートゾーンをケアするには、いろいろな方面からアプローチするのが効果的です。

 

大きく分けると、

  1. デリケートゾーンの洗い方を極める
  2. できるかぎり刺激しない
  3. 身につけるものを厳選する
  4. 生活習慣を整える

この4つですね。

 

デリケートゾーンの洗い方を極める

デリケートゾーンの洗い方は、毎日のことなので大切なポイントです。

 

基本的にボディ用スポンジでこするのではなく、石けん泡と手の指を使って洗います。
こうすることでお肌への摩擦を最小におさえることができて、指でダイレクトに汚れを取り除くことができます。

 

また、デリケートゾーンは皮膚が薄いだけでなく、粘膜の入り口「膣」が隣接しています。
なので、保湿力が高くて低刺激なソープを使う必要があります(^^)

 

こういった理由から、「やさしく、指で撫でるように、低刺激の専用ソープで」洗うこと。
デリケートゾーンケアの基本はこれに尽きるのです。

 

 

できればバスタイムの後に、デリケートゾーン用の保湿剤を使えればなお良いですね。
ただし、保湿剤は石けんとちがってお肌に直接塗りこむものなので、成分はより注意深くチェックした方が無難です。

 

ですが成分にちょっとこだわると、お高めの商品が多くなるもの。
ソープと保湿剤でいきなり6,000円近くもかかってしまったとしたら、イタイ出費でますよね。

 

なのでおすすめは、まず専用ソープを使って正しい洗い方を習慣にすること。
そうすれば、3,000円未満の少ない負担ですませることができます。
それに保湿力のあるデリケートゾーン専用ソープを選べば、保湿剤ほどではないにしろ、かなりのしっとり感をキープできます!

 

負担にならずに、続けやすいバスタイムのケアからスタート。
これが理想的かなとわたしは思います!

 

⇒デリケートゾーン専用ソープの総合ランキングをチェックする

 

 

できるかぎり刺激しない

生活の中には、無意識にデリケートゾーンを刺激してしまう場面がたくさんあります!

・トイレ後にゴシゴシ拭く
・恥垢(つまりマンカスです)をひっかいて取り除く
・座りっぱなしで圧迫
・かゆくて掻く
・オナニー

などなど、挙げればキリがありません。

 

こういう刺激の積み重ねは、デリケートゾーンの不快感や黒ずみに深〜い関係があります。すぐにでも断ち切りたい習慣です。

 

 

具体的にどう改善するのかというと、例えば、

・トイレ後は陰部を押さえるように拭く
・恥垢は指や綿棒で丁寧に取り除く
・座る時は円形クッションをしいて、陰部を圧迫しないように工夫
・保湿してかゆみを抑える
・オナニーする時は、ローションを使い摩擦を減らす

こんなふうに、気づいたことろから少しずつ直していくしかありません。

 

意識してデリケートゾーンをいたわるために、ちょっとした「緊張感」をもって生活する必要があります。
こういう緊張感こそ、女性らしい仕草や雰囲気につながっていくんですね。

 

 

身につけるものを厳選する

直接触れる下着は、素材を選んで購入しましょう。
選ぶポイントは

・通気性(コットン、リネン、シルクなどの自然素材)
・ほどほどの締め付け感
・小さすぎないサイズ感

この2つです。

 

もちろん、素敵なデザインの下着をつけるのはかなり重要!笑
その日のテンションに関わってくる大事な部分ですから(*^^*)

 

でも、素材をしっかり確認したほうが、デリケートゾーンのためには良いのはわかりきっています。
サイズと締めつけ感は、「圧迫」によってお肌が黒ずむのを防ぐため。
デザインと同じくらい、素材やサイズなども重視していきましょう!

 

もちろん、パンティライナーや生理用ナプキンをこまめに替えることも忘れずに☆

 

生活習慣を整える

「生活習慣を整えることがどうしてデリケートゾーンのケアにつながるの?」
そう思う方もいるかもしれません。
もしかしたら、あなたもそうですか?

 

例えば、

・健康的でバランスのよい食事をとる
・睡眠をしっかりとる
・ほどよくストレス発散を心がける

 

こういったことは、女性ホルモンのバランス正常化に大きな関わりがあります。

 

女性ホルモンが乱れると、お肌が敏感になってトラブルになってしまったり、
おりものが増えてしまったり、いろいろな影響がでてきます。

 

デリケートゾーン(というか女性そのもの)を、内側・外側から整えるために、女性ホルモンのバランスは切り離せないポイントです。

 

女性は健康美が1番ですからね☆

 

 

ランキング1位の【クリアネオパール】は、ふつうにオススメしたくなるソープ☆

 

当サイトでは、管理人(アラサー女子)が、
「もし迷ってるなら、コレで間違いないでしょう!」という気持ちをこめて

 

【クリアネオパール】を1位に選びました。

 

ランキングの中で、ピンとくるものがあればそれをぜひ試してみてください。
もし「やっぱり迷ってる。決められない。」という場合は、とりあえずクリアネオパールかな?という感じですね!

 

ほんと、なかなかいいんですよコレが☆

 


⇒わたしが実際にクリアネオパールを使ってみたレビューを見る

 

【クリアネオパールの良かったポイントまとめ】

  • 高い保湿力!黒ずみ、ニオイ、かゆみのトータルケアになるところ
  • たった1プッシュでたっぷり泡ができるので意外に経済的
  • 入浴後のボディクリーム使用量が減った
  • 安く買える定期購入は、1回でも解約オッケー
  • 30日間の返金保証つきなので、もしお肌に合わなくても損せずにすむ

 

 

 

 

page top